コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本多佳子 はしもと たかこ

4件 の用語解説(橋本多佳子の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

橋本多佳子

俳人。東京生。本名は山谷多満。杉田久女山口誓子に師事する。『馬酔木』『天曜』同人。読売新聞俳壇選者。奈良県文化賞受賞。句集に『海燕』『信濃』『紅糸』等がある。昭和38年(1963)歿、64才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本多佳子 はしもと-たかこ

1899-1963 昭和時代の俳人。
明治32年1月15日生まれ。昭和10年から山口誓子(せいし)に師事,23年「天狼(てんろう)」創刊に同人として参加。「七曜」を創刊,主宰した。昭和38年5月29日死去。64歳。東京出身。旧姓は山谷。本名は多満。句集に「海燕(うみつばめ)」「紅糸(こうし)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はしもとたかこ【橋本多佳子】

1899‐1963(明治32‐昭和38)
俳人。東京都生れ。本名は多満(たま)。1922年に俳句に手を染め,35年から山口誓子に師事した。48年に創刊された俳句同人誌《天狼(てんろう)》で特に活躍,戦後の代表的女流俳人と評価されている。35年以前の習作期に,〈わが行けば露とびかかる葛の花〉(《海燕(うみつばめ)》1941)のような大胆な把握が示されていたが,その大胆さが多佳子の句法として確立するのは,第3句集《紅糸(こうし)》(1951)においてである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋本多佳子
はしもとたかこ
(1899―1963)

俳人。東京生まれ。本名多満(たま)。旧姓山谷。1917年(大正6)橋本豊次郎と結婚、のち小倉(こくら)に住む。22年(大正11)より俳句を志し、杉田久女(ひさじょ)の手ほどきを受ける。『ホトトギス』『馬酔木(あしび)』を経て、山口誓子(せいし)に師事、『天狼(てんろう)』創刊に同人として参加。48年『七曜(しちよう)』を創刊主宰。「男の道を歩く稀(まれ)な女性作家」といわれ、個性的な嘆きや寂寥(せきりょう)感を力強く表現した。句集に『海燕(うみつばめ)』(1941)、『信濃(しなの)』(1947)、『紅絲(こうし)』(1951)などがある。[鷹羽狩行]
 蛍籠(ほたるかご)(くら)ければ揺(ゆ)り炎(も)えたたす
『『橋本多佳子全句集』全1巻(1976・立風書房) ▽『増補現代俳句大系6・8』(1981・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の橋本多佳子の言及

【天狼】より

…俳句雑誌。西東三鬼,橋本多佳子らが,山口誓子を囲む同人誌として1948年(昭和23)1月に創刊。誓子は創刊号で,〈酷烈なる俳句精神〉〈鬱然たる俳壇的権威〉を実現したいと述べたが,三鬼のニヒリズム,永田耕衣の東洋的無,平畑静塔の俳人格などは,俳句精神の根源を探求した成果であり,昭和20年代の俳壇に活気をもたらした。…

※「橋本多佳子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橋本多佳子の関連情報