コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田玄仙 つだ げんせん

2件 の用語解説(津田玄仙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田玄仙 つだ-げんせん

1737-1810* 江戸時代中期-後期の医師。
元文2年生まれ。水戸,京都でまなび,江戸で開業する。のち上総(かずさ)馬籠(まごめ)(千葉県木更津市)の田村家のあとをつぎ同地で開業した。文化6年12月21日死去。73歳。陸奥(むつ)伊達郡(福島県)出身。名は兼詮。号は積山。著作に「療治茶談」「勧学治体」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

津田玄仙

没年:文化6.12.21(1810.1.26)
生年:元文2(1737)
江戸後期の医者。名は兼詮,号は積山。父玄琳は白河藩の侍医だったが,わけあって職を辞し,陸奥国岩代(福島県)桑折村で玄仙をもうけた。父から医を学び,水戸の芦田松意に師事したのち,諸国を遍歴し,京都で饗庭道庵の塾に入って,当時「後世派」と呼ばれていた医学を学んで大成した。江戸で開業したのち,上総国(千葉県)の馬籠の医家,田村家に入り,田村玄仙を名乗る。東国の名医として広く知られ,原南陽,和田東郭,恵美三白ら広く日本各地の名医と交流して学を磨きあった。著書に『療治茶談』『勧学治体』など。師業を筆録した『饗庭家口訣』も重要。<参考文献>安井広迪「『近世漢方治験選集』8巻解説」

(石田秀実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津田玄仙の関連キーワード松村宗悦滝沢琴嶺淡海玉潾諦浄岡田芝斎山脇元沖川井立斎吉益贏齋医者坊主手医者

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone