コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽儼淵 つがる げんえん

1件 の用語解説(津軽儼淵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津軽儼淵 つがる-げんえん

1773-1828 江戸時代後期の儒者。
安永2年生まれ。家は陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩主津軽家の支族。山崎蘭洲(らんしゅう)に師事し,のち昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。藩校稽古(けいこ)館の創設につくし,寛政8年藩校の初代惣司。10年家老となった。文政11年8月9日死去。56歳。名は貞正,のち緝煕(まさひろ)。字(あざな)は子壮(荘)。通称は中書,永孚。著作に「周易略説」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

津軽儼淵の関連キーワード新井静斎五井鶴城合田恒斎佐藤東斎菅新菴塙一瓢林壮軒門司東里藪鶴堂横田柏園