コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽承保 つがる つぐやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津軽承保 つがる-つぐやす

1821-1851 江戸時代後期の大名。
文政4年11月9日生まれ。津軽親足(ちかたり)の次男。陸奥(むつ)黒石藩(青森県)2代藩主である兄津軽順徳(ゆきのり)(のち順承(ゆきつぐ))が宗家の陸奥弘前(ひろさき)藩(青森県)藩主津軽家をついだため,天保(てんぽう)10年黒石藩主津軽家3代となる。嘉永(かえい)4年6月29日死去。31歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

津軽承保の関連キーワードブロートンボーキサイト花崗岩嵐璃寛銚子醤油メキシコ美術奈破崙松根図書朱昴之森狙仙

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone