津軽親足(読み)つがる ちかたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津軽親足 つがる-ちかたり

1780-1849 江戸時代後期の大名。
安永9年8月28日生まれ。上総(かずさ)(千葉県)久留里(くるり)藩主黒田直亨(なおゆき)の4男。津軽典暁(つねとし)の養子となる。文化6年陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩主津軽寧親(やすちか)から6000石を分与され,所領の4000石とあわせ陸奥黒石藩(青森県)藩主津軽家初代となる。1万石。加藤千蔭,日野資枝(すけき)に和歌をまなび歌学所をつくった。嘉永(かえい)2年7月30日死去。70歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android