コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽承昭 つがる つぐあきら

美術人名辞典の解説

津軽承昭

弘前藩主。初名は承烈、号は桃園・仙桃等。順承の養子。宮中麝香間祇候を務め従一位に至る。伯爵。和歌を能くした。大正5年(1916)歿、76才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津軽承昭 つがる-つぐあきら

1840-1916 幕末-大正時代の大名,華族。
天保(てんぽう)11年8月12日生まれ。肥後熊本藩主細川斉護(なりもり)の4男。津軽順承(ゆきつぐ)の婿養子となり,安政6年陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩主津軽家12代。戊辰(ぼしん)東北戦争や箱館戦争で新政府に貢献した。伯爵。大正5年7月19日死去。77歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

津軽承昭

没年:大正5.7.19(1916)
生年:天保11.8.12(1840.9.7)
幕末の大名。弘前藩(青森県)第12代藩主,熊本藩主細川斉護の4男で,母は幕臣青野氏。江戸生まれ。安政4(1857)年弘前藩主津軽順承の養子となり,6年襲封。万延1(1860)年侍従。幕末の弘前藩にあって,西蝦夷地の経営と警備に当たり,また京都の守衛にも出兵。軍制改革にも着手し,新たに武器の製造にも乗り出した。明治維新の変革期には朝廷側について難局を乗り切り,東北戊辰戦争では秋田へ出兵し,箱館戦争においては兵站基地として維新政府に貢献した。明治3(1870)年承昭は帰田法を実施して領内の豪農,地主らが所有する土地を強制的に買い上げ,藩士達に分与して救済し帰農を図った。時勢をみるに敏な人物であった。版籍奉還(1869)により弘前藩知事,のち伯爵。東京で死去。<参考文献>『津軽承昭公伝』

(長谷川成一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

津軽承昭の関連キーワード津軽 英麿木村 静幽津軽理喜子津軽英麿木村静幽山田登

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android