コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽焼 ツガルヤキ

デジタル大辞泉の解説

つがる‐やき【津軽焼】

弘前市付近から産する茶器雑器などの陶器。文化年間(1804~1818)に始まる。悪戸焼(あくどやき)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

津軽焼[陶磁]
つがるやき

東北地方、青森県の地域ブランド。
弘前市で製作されている。江戸時代の元禄年間(1688年〜1704年)に4代津軽藩主・津軽信政の集めた陶工たちがきずいた平清水焼・大沢焼・下川原焼・悪戸焼が津軽焼の源流とされる。当初は津軽藩の調度品を焼いていたが、廃藩により衰退。大正時代末期頃には一時すべての窯がなくなった。現在の津軽焼は、1936(昭和11)年に再興されたもので、黒天目釉や林檎の木の灰を材料とするりんご釉、一部で昔の悪戸焼で使われていた粘土などを使用して焼かれ、独特な色合いが醸し出される。青森県伝統工芸品。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

津軽焼の関連キーワード弘前(市)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津軽焼の関連情報