コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽信政 つがる のぶまさ

2件 の用語解説(津軽信政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津軽信政 つがる-のぶまさ

1646-1710 江戸時代前期-中期の大名。
正保(しょうほ)3年7月18日生まれ。津軽信義(のぶよし)の長男。明暦2年陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩主津軽家4代となる。岩木川の治水,津軽新田の開発,屏風(びょうぶ)山の植林に力をつくし,中興の英主といわれた。「津軽古文書」を編集した。宝永7年10月18日死去。65歳。号は養正軒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

津軽信政

没年:宝永7.10.18(1710.12.8)
生年:正保3.7.18(1646.8.28)
江戸前期の大名。弘前藩(青森県)4代藩主。3代藩主信義の子,母は添田理兵衛の娘。弘前城で生まれる。幼名平蔵。明暦2(1656)年11歳で襲封し,当初は叔父の信英の後見を受け,以後約50年にわたって弘前藩政を担い,「中興の英主」と呼ばれた。治政における主な業績としては,御定書の制定により藩制機構を確立し,大規模な領内の新田開発を進め,養蚕業をはじめとする各種産業の振興を図った。寛文9(1669)年の蝦夷蜂起に際しては蝦夷地へ出兵し,幕府から命じられた越後高田検地や日光東照宮の普請役も遂行した。文化事業にも造詣が深く,山鹿流兵学を導入し,吉川神道を学び,日本の古典,歌道,神道,茶道にも通じ,元禄期の大名七傑に数えられた人物でもあった。しかし元禄8,9(1695,96)年の大飢饉においては,領内で大量の餓死者を出すなど治政の後半は藩政にさまざまなひずみが生じた。貞享4(1687)年,烏山(栃木県)の那須家へ養子に入れた信政の子資徳をめぐって起きた後継争いの烏山騒動に連座して閉門を命じられたが,「慎の内,休芸など無用なり,音のなき事をすべし,(中略)此節ハ学問至極なり,取分ケ士分ハ兵学をすべし」と,自身の不運にもかかわらず,逆に家臣達に学問を奨励し,藩内の動揺を押さえる気質の持ち主でもあった。<参考文献>菊池元衛編『津軽信政公事績』

(長谷川成一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の津軽信政の言及

【弘前藩】より

…陸奥国弘前(青森県弘前市)に藩庁をおいた外様中藩。津軽藩ともいう。中世,津軽地域に勢力を扶植した南部氏と北畠氏を,南部(津軽)為信が駆逐して津軽統一を成し遂げた(《津軽一統志》)。豊臣政権は1590年(天正18)の奥羽仕置の一環として,91年津軽に太閤蔵入地1万5000石を設定し,津軽為信に領知高3万石を安堵した(組屋文書,秋田家文書)。藩体制の成立過程で家中騒動が続発し,なかでも為信のあとの相続をめぐる大熊騒動は幕府に裁定がもちこまれた。…

※「津軽信政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

津軽信政の関連キーワード津軽承昭今村朴元大道寺隼人津軽親足津軽承保津軽信明津軽信枚津軽信寧津軽信義森山弥七郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津軽信政の関連情報