津軽飴

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津軽飴
つがるあめ

青森市の名物水飴。糯米(もちごめ)を蒸して麦芽とあわせ、水を加えて大樽(たる)に長時間ねかせて糖化させ、これを濾過(ろか)してから煮つめ、透明な黄金色の水飴に仕上げる。水飴は湿飴(しるあめ)ともいい、戦国大名などはこれを軍旅、籠城(ろうじょう)の際の糧食として重視した。元祖は武内製飴所(たけうちせいいしょ)で、4代目の武内喜兵衛(きへえ)が幕末に青森へ移って専業の飴屋を開いたが、それ以前は津軽藩士として弘前(ひろさき)で水飴の御用に携わっていた。津軽藩では領民の副業に水飴の製造を奨励していたという。藩がこれを買い上げ非常用に備蓄したものであるが、4代目喜兵衛は北海道にも販路を開拓し、津軽飴の名声を高めた。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android