コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪棄生 こうきせいHong Qi-sheng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洪棄生
こうきせい
Hong Qi-sheng

[生]同治6 (1867).11.11.
[没]1929.2.9.
台湾の詩人。台湾彰化県鹿港の人。本名,攀桂。学名,一枝。字,月樵。台湾が日本の植民地となると,初め抗日戦に加わり,敗れてのちは鹿港に帰り,名を繻,字を棄生と改め,門を閉じて終生清朝遺民として過ごした。その詩は,台湾の故事や抗日戦の事跡,日本人の横暴などをうたい,そのため多くは生前には刊行できなかった。1917年刊の『寄鶴斎詩ばん』は比較的無難な詩を集めたものである。アヘンを扱った詩などに,ときにデカダンス風の傾向を示した。抗日戦の記録『瀛海偕亡記』などの著がある。全集『洪棄生先生遺書』(1970)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

洪棄生の関連キーワードイギリス領北アメリカ条例ルコック探偵孝明天皇徳川慶喜明治天皇ビルケランライトルボンローシー藤堂平助

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android