コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津名(読み)つな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津名
つな

兵庫県南部,淡路市南東部の旧町域。淡路島東部に位置し,大阪湾に臨む。 1955年志筑町,生穂町,佐野町の3町と塩田村,中田村,大町村の3村が合体して成立。 2005年淡路町,北淡町,一宮町,東浦町の4町と合体して淡路市となった。中心集落の志筑は東浦と西浦を結ぶ最短距離の郡家街道の要地で,郡行政の中心地。津名港はフェリーの基地。志筑川南部の県営埋立地への造船所の進出 (1977) で工業化が始まった。冬も温暖なため花卉栽培が行なわれ,北部の生穂,佐野はその中心。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津名
つな

兵庫県淡路(あわじ)島東岸、津名郡にあった旧町名(津名町(ちょう))。現在は淡路市の南東部を占める一地区。旧津名町は1955年(昭和30)志筑(しづき)、生穂(いくほ)、佐野の3町と塩田、中田、大町の3村が合併して成立。2005年(平成17)淡路、一宮(いちのみや)、東浦(ひがしうら)、北淡(ほくだん)の4町と合併して淡路市となる。国道28号が海岸沿いを走り、本州四国連絡道路(神戸淡路鳴門自動車道)の津名一宮インターチェンジがある。小河川沿いでの米作のほかに、近年では丘陵地を利用して花卉(かき)、野菜類の露地・温室栽培が盛んで、ミカンも多い。真言宗東山(とうさん)寺には平安時代の薬師如来(にょらい)立像、十二神将立像(国指定重要文化財)がある。[吉田茂樹]
『『津名町史』全2冊(1988・津名町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津名の関連情報