コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津名 つな

2件 の用語解説(津名の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津名
つな

兵庫県南部,淡路市南東部の旧町域。淡路島東部に位置し,大阪湾に臨む。 1955年志筑町,生穂町,佐野町の3町と塩田村,中田村,大町村の3村が合体して成立。 2005年淡路町,北淡町,一宮町,東浦町の4町と合体して淡路市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津名
つな

兵庫県淡路(あわじ)島東岸、津名郡にあった旧町名(津名町(ちょう))。現在は淡路市の南東部を占める一地区。旧津名町は1955年(昭和30)志筑(しづき)、生穂(いくほ)、佐野の3町と塩田、中田、大町の3村が合併して成立。2005年(平成17)淡路、一宮(いちのみや)、東浦(ひがしうら)、北淡(ほくだん)の4町と合併して淡路市となる。国道28号が海岸沿いを走り、本州四国連絡道路(神戸淡路鳴門自動車道)の津名一宮インターチェンジがある。小河川沿いでの米作のほかに、近年では丘陵地を利用して花卉(かき)、野菜類の露地・温室栽培が盛んで、ミカンも多い。真言宗東山(とうさん)寺には平安時代の薬師如来(にょらい)立像、十二神将立像(国指定重要文化財)がある。[吉田茂樹]
『『津名町史』全2冊(1988・津名町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津名の関連キーワード兵庫県淡路市岩屋兵庫県淡路市浦兵庫県淡路市尾崎兵庫県淡路市草香兵庫県淡路市里兵庫県淡路市佐野兵庫県淡路市多賀兵庫県淡路市南兵庫県淡路市南鵜崎兵庫県淡路市夢舞台

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津名の関連情報