コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活写 カッシャ

デジタル大辞泉の解説

かっ‐しゃ〔クワツ‐〕【活写】

[名](スル)物事のありさまを生き生きと描き出すこと。「現代社会を活写する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かっしゃ【活写】

( 名 ) スル
ありのままをいきいきと写すこと。 「戦争の残酷さを-した文」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

活写の関連キーワード富嶽三十六景・富岳三十六景A.W. アップフィールドマーミン・シビリャークカブレラインファンテ生花評判当世垣のぞきアンナ・カレーニナ大乗院寺社雑事記トーノ・バンゲーR. ルムランボヘミアの農夫É. マーニュ『好色一代男』エッジワースザゴースキンサテュリコンマッキニス利根川図志長崎源之助洛陽伽藍記ウィクラム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

活写の関連情報