コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

描き出す エガキダス

デジタル大辞泉の解説

えがき‐だ・す〔ヱがき‐〕【描き出す】

[動サ五(四)]
絵や図にかいて表現する。
文章や音楽などによって、物の形や事柄のありさまを目に見えるように表現する。「政界の内幕を―・す」
物事を想像によって思い浮かべる。「脳裏に―・す」
物の動いた跡が、ある形となる。「航跡がゆるやかな弧を―・す」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えがきだす【描き出す】

( 動五[四] )
物の形やありさまを絵画や言葉で表現する。 「下町の情緒を-・す」
物事のありさまを想像する。
物の動いた跡がある形を表す。 「水面に波紋が-・された」
[可能] えがきだせる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

描き出すの関連キーワードセブンティーズ・ルックピエロ・ディ・コジモきつねの子シリーズペトルシェフスカヤ映し出す・写し出す葬送の仕事師たちハイム ハザースアンナ ドミノくまの子ウーフブリタニキュスマウルベルチュコーラスライン和重喜ながしカシュニッツエゴティスムクラドニ図形レンダリング退屈な部屋日本渡航記小池真理子

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

描き出すの関連情報