コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

描き出す エガキダス

デジタル大辞泉の解説

えがき‐だ・す〔ヱがき‐〕【描き出す】

[動サ五(四)]
絵や図にかいて表現する。
文章や音楽などによって、物の形や事柄のありさまを目に見えるように表現する。「政界の内幕を―・す」
物事を想像によって思い浮かべる。「脳裏に―・す」
物の動いた跡が、ある形となる。「航跡がゆるやかな弧を―・す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えがきだす【描き出す】

( 動五[四] )
物の形やありさまを絵画や言葉で表現する。 「下町の情緒を-・す」
物事のありさまを想像する。
物の動いた跡がある形を表す。 「水面に波紋が-・された」
[可能] えがきだせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

描き出すの関連キーワードスペンサー(Niles Spencer)コロンボ(Furio Colombo)エリザベス キュブラー・ロスリチャード アームストロングセブンティーズ・ルック映し出す・写し出すアナセン・ネクセーきつねの子シリーズペトルシェフスカヤ葬送の仕事師たちハイム ハザースブリタニキュスくまの子ウーフアンナ ドミノコーラスラインレンダリング和重喜ながしクラドニ図形エゴティスム退屈な部屋

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

描き出すの関連情報