コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流し目/流眄 ナガシメ

デジタル大辞泉の解説

ながし‐め【流し目/流×眄】

顔を向けずに、ひとみだけを横に動かして見ること。また、その目つき。よこめ。「―で見る」
男女間で、感情をこめて送る、気を引くような目つき。色目秋波。「―を使う」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ながしめ【流し目】

顔を向けずに瞳ひとみだけを動かして横を見ること。横目で見ること。 「 -に見る」
その人(異性)に関心のある気持ちを表した目つき。色目いろめ。秋波。 「 -を使う」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

流し目/流眄の関連キーワード長谷川 一夫色目をつかうめかりうつ左顧右眄横目遣い身ぶりひとみ見延ぶちらり異性流眄横目関心斜視

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android