秋波(読み)しゅうは

精選版 日本国語大辞典「秋波」の解説

しゅう‐は シウ‥【秋波】

〘名〙
の頃の澄んだ。〔白居易‐曲江早秋詩〕
② 美人の涼しげな美しい目もと。また、女性のこびを表わす色っぽい目つき。いろめ。ながしめ。
※玩鴎先生詠物雑体百首(1794)祇園祭優行「秋波斜寄稠人裏、流眄多情在誰辺
※あめりか物語(1908)〈永井荷風〉岡の上「秋波(シウハ)の光と微笑の影に酔ひ」
③ 寒くなりかける頃の秋の波を、額の皺など物事の衰えるきざしにたとえていう。
江戸繁昌記(1832‐36)三「年始て四十、脂粉春を粧も、額、秋波を生ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「秋波」の解説

しゅう‐は〔シウ‐〕【秋波】

美人の涼しい目もと。また、女性のこびを含んだ目つき。流し目色目。「秋波を送る」
秋のころの澄んだ波。
[類語]流し目色目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「秋波」の解説

【秋波】しゆうは

いろめ。

字通「秋」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android