流例(読み)りゅうれい

精選版 日本国語大辞典「流例」の解説

りゅう‐れい リウ‥【流例】

〘名〙 古くからある習慣やならわし。しきたり。慣例。るれい。
※栄山寺文書‐長和二年(1013)一一月二五日・大和国栄山寺牒「厥後官符度々重畳、為不輸租田領掌、随代々国宰判行、是流例也」
随筆・折たく柴の記(1716頃)下「流例となりて、すでに年久しければ」 〔駱賓王‐代王霊妃贈道士李栄詩〕

る‐れい【流例】

〘名〙 古くからあるしきたりやならわし。慣例。りゅうれい。
※蓮如御文章(1461‐98)四「(そもそも)今月廿八日の報恩講は昔年よりの流例(るれい)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「流例」の解説

りゅう‐れい〔リウ‐〕【流例】

古くからのしきたり。慣例。るれい。
「代々の―として」〈太平記・二七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android