コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄影寺 じょうようじJing-ying-si

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄影寺
じょうようじ
Jing-ying-si

中国,隋代に長安に造られた寺院。文帝慧遠のために建てたといわれる。慧遠はここで『涅槃経』などを講義し,700をこえる修行者がいたとされる。唐代には不空が住したこともあったが,のちに廃寺となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浄影寺
じょうようじ

中国、隋唐(ずいとう)時代に長安(西安)にあった仏教寺院。隋の文帝が仏教復興の手始めとして大興善寺を建立し、200余人の学僧を収容しようとしたが、収容することができなくなったため、別に長安・敦化坊(とんかぼう)に一寺を建立したのが浄影寺である。地論宗南道派の慧遠(えおん)が当寺に住して名声をあげ、以後、浄影寺は涅槃(ねはん)学派や地論学派の学僧の住するところとなった。慧遠の門下の霊(れいさん)および善冑(ぜんちゅう)は勅命によって涅槃衆主となり、この寺に住した。のち746年(天宝5)には不空(ふくう)三蔵が師子(しし)国(スリランカ)より帰国するに及び、勅命により当寺に住し、翻訳に従事するとともに灌頂壇(かんじょうだん)を開いた。その後の寺の沿革は不明で、ついに廃絶した。なお、浄影寺を有名にした慧遠は浄影寺慧遠とよばれる。[鎌田茂雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

浄影寺の関連キーワード慧遠(隋時代の僧)鎌田茂雄大乗義章華厳宗涅槃宗地論宗円仁

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android