コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅井南溟 あさい なんめい

1件 の用語解説(浅井南溟の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅井南溟 あさい-なんめい

1734-1781 江戸時代中期の医師。
享保(きょうほう)19年11月18日生まれ。浅井図南の長男。京都の人。朝廷につかえ,安永9年父の跡をついで尾張(おわり)名古屋藩の藩医。脈法に通じ,診脈の祖と称された。天明元年10月13日死去。48歳。名は正路(まさみち)。字(あざな)は由卿。通称は周碩。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

浅井南溟の関連キーワード藩学一覧平敷屋朝敏ブルボン朝菅江真澄大屋裏住常磐津文字太夫(初代)混沌軒国丸藤田貞資モリス桂川甫筑

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone