コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅井柳塘(読み)あさい りゅうとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅井柳塘 あさい-りゅうとう

1842-1907 明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)13年生まれ。百々広年(どど-こうねん),谷口靄山(あいざん)に文人画を,のち長崎で木下逸雲(いつうん),鉄翁祖門(てっとう-そもん),清(しん)(中国)の徐雨亭について山水画をまなぶ。明治13年から京都府画学校につとめた。出身に京都と阿波(あわ)(徳島県)の2説がある。明治40年11月23日死去。66歳。名は竜。字(あざな)は子祥。別号に小白,白山人,拝竹道人など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android