コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷口靄山 たにぐち あいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷口靄山 たにぐち-あいざん

1817*-1899 江戸後期-明治時代の画家。
文化13年12月生まれ。江戸で谷文晁(ぶんちょう),高久靄厓(たかく-あいがい)に,さらに諸国遊学ののち京都で貫名海屋(ぬきな-かいおく)にまなぶ。明治13年から京都府画学校につとめる。29年の日本南画協会設立に尽力した。明治32年12月30日死去。84歳。越中(富山県)出身。名は貞二,貞。字(あざな)は士幹。別号に藹山,鴨沂水荘。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の谷口靄山の言及

【高久靄厓】より

…靄厓没後は白河藩主阿部侯の家老であった川勝隆任の三男隆古(りゆうこ)(1810‐58)が一時その家を継いで高久氏を名乗ったが,のちに復古大和絵派に転じた。また門下に,山水花鳥などを得意とし関西文人画壇で活躍した谷口靄山(あいざん)(1816‐99)らがいる。【佐々木 丞平】。…

※「谷口靄山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

谷口靄山の関連キーワード浅井柳塘中西耕石明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android