コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷口靄山 たにぐち あいざん

1件 の用語解説(谷口靄山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷口靄山 たにぐち-あいざん

1817*-1899 江戸後期-明治時代の画家。
文化13年12月生まれ。江戸で谷文晁(ぶんちょう),高久靄厓(たかく-あいがい)に,さらに諸国遊学ののち京都で貫名海屋(ぬきな-かいおく)にまなぶ。明治13年から京都府画学校につとめる。29年の日本南画協会設立に尽力した。明治32年12月30日死去。84歳。越中(富山県)出身。名は貞二,貞。字(あざな)は士幹。別号に藹山,鴨沂水荘。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の谷口靄山の言及

【高久靄厓】より

…靄厓没後は白河藩主阿部侯の家老であった川勝隆任の三男隆古(りゆうこ)(1810‐58)が一時その家を継いで高久氏を名乗ったが,のちに復古大和絵派に転じた。また門下に,山水花鳥などを得意とし関西文人画壇で活躍した谷口靄山(あいざん)(1816‐99)らがいる。【佐々木 丞平】。…

※「谷口靄山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

谷口靄山の関連キーワード小島文器下田吉蔭昇斎一景関直吉園美蔭高橋石斎田中繍蝶星の屋輝雄政子女王山崎董洤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone