コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅井要麟 あさい ようりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅井要麟 あさい-ようりん

1883-1942 明治-昭和時代前期の仏教学者,僧。
明治16年2月19日生まれ。日蓮宗大学林(現立正大)卒業後,「日蓮宗全書」「日蓮宗宗学全書」などの編集にあたる。のち母校の教授となり,日蓮遺文研究に従事し,祖書学の体系化をはかる。顕本寺や内船寺の住職をつとめた。昭和17年12月30日死去。60歳。愛知県出身。法名は日凰。号は昌寿院。著作に「日蓮聖人教学の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

浅井要麟の関連キーワード明治

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android