コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜三嶺 はま さんれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜三嶺 はま-さんれい

1793-1878 江戸時代後期の儒者。
寛政5年3月20日生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。藩校修猷(しゅうゆう)館にまなび,のち備後(びんご)(広島県)福山の菅茶山(かん-ちゃざん)に入門。帰藩後,学館指南加勢役,侍講をへて天保(てんぽう)7年(1836)学問所総裁となる。明治11年1月14日死去。86歳。名は貞彜(さだつね)。通称は太郎右衛門,新兵衛別号に新泉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

浜三嶺の関連キーワード儒者

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android