浜野直随(読み)はまの なおゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜野直随 はまの-なおゆき

1745-1819 江戸時代中期-後期の装剣金工。
延享(えんきょう)2年生まれ。浜野派の初代浜野矩随(のりゆき)の弟子。20歳で江戸浅草で開業。高彫り色絵で人物をほった鐔(つば)や小柄(こづか)がある。のち甲府,越後(えちご)(新潟県)などにおもむき,晩年は信濃(しなの)(長野県)にすんだ。門人に岩間政廬(まさよし)ら。文政2年10月17日死去。75歳。本姓は遠山。通称は伝蔵。号は望窓軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android