コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜野矩随(初代) はまの のりゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜野矩随(初代) はまの-のりゆき

1736-1787 江戸時代中期の装剣金工。
元文元年生まれ。江戸神田小柳町にすみ,初代浜野政随(まさゆき)にまなぶ。浜野流の高彫り色絵と杉浦乗意風の肉合(ししあい)彫りをとりいれた。天明7年8月29日死去。52歳。通称は忠五郎。号は望窓軒,蓋雲堂など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

浜野矩随(初代)

没年:天明7.8.29(1787.10.10)
生年:生年不詳
江戸中期の装剣金工家。通称を忠五郎といい,江戸神田小柳町に住したといい,浜野政随の門下で学び,15歳から17歳ごろ,師から矩随の名を許された。浜野の苗字は師の流名を許されたもの。蓋雲堂,望窓軒,青柳軒,生寿軒などの号銘がある。浜野派の豪快な彫法を修得するとともに,後藤乗意風の肉合彫りの研鑽にもはげみ,色絵を施した独自の境地を創りあげ,師と共に浜野流の興隆に大きく貢献した。実子の松次郎も上手として知られ,2代矩随を継いでいる。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

浜野矩随(初代)の関連キーワード三遊亭 円楽(5代目)三遊亭円楽(5世)浜野矩随(2代)浜野政随(初代)浜野直随吾妻永随浜野矩蕃利随

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android