コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦戸城 うらとじょう

日本の城がわかる事典の解説

うらとじょう【浦戸城】

高知県高知市浦戸にあった中世の平山城(ひらやまじろ)。桂浜をのぞむ高台に三重の天守を擁する本丸を設け、二の丸、三の丸、出丸を構えていた。南北朝時代からこの地には土豪の砦が築かれていたとされるが、詳しいことはわかっていない。戦国時代末期、長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)は、大高坂(おおたかさ)(現在の高知城所在地)に新城を築城して先祖伝来の岡豊城(おこうじょう)から本拠を移したが、水害が多いために、再び岡豊城に戻った。1591年(天正19)浦戸城に防備の強化をほどこして移ったが、子の盛親(もりちか)が関ヶ原の戦いに敗れたために、長宗我部氏は滅ぶ。新たに山内一豊(やまのうちかずとよ)が土佐藩主となったが、長宗我部氏の旧臣が城の引き渡しを拒んで籠城、これを謀略により鎮圧した(浦戸一揆)。1601年(慶長6)一豊は高知城の築城に着手、1603年(慶長8)に完成して移ったために、浦戸城は廃城となった。第二次世界大戦前まで古井戸や石塁、土塁などの遺構は残っていたが、戦後の観光開発のために、現在は本丸の石垣がわずかに残るのみである。JR土讃本線高知駅からバスで35分、桂浜荘前下車徒歩3分。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内の浦戸城の言及

【土佐国】より

…守護は不明。1335年(建武2)12月に始まる南北朝内乱の過程では,翌年正月,土佐浦戸城で北党の津野,三宮,曾我の諸氏が南党と戦っており,以後,香美(かみ)郡深淵城,土佐郡一宮,また大高坂(おおだかさ)城,安楽寺城,さらに高岡郡丸山・神崎城と攻防戦が繰りひろげられる。しかし,この年の10月に京都では南北朝一時の和議が整ったことによるのか,土佐もおおむね静謐で,その後3年,1339年(延元4∥暦応2)の暮れから翌年正月にかけて,再び大高坂城攻防戦が行われ,激戦ののち,城は陥落する。…

※「浦戸城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浦戸城の関連キーワード高知県立坂本龍馬記念館高知県高知市浦戸長浜(高知市)長宗我部国親長宗我部元親高知(市)高知(県)岡豊城跡高知城跡岡豊城

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浦戸城の関連情報