コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦百姓 うらびゃくしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦百姓
うらびゃくしょう

江戸時代,浦方郷村に住んだ住民。一般の在方郷村の住民と違って,漁業に専従し,漁業税としての浦役を負担したが,在方百姓との経済的交流,社会的結びつきは強かった。 (→郷村制 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

うらびゃくしょう【浦百姓】

江戸時代の制度で、海辺の村の住民。漁民に限らず、商人・職人までも含む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の浦百姓の言及

【浦】より

…地形的には湾状になっている海岸を指すことが多いが,浦役,浦百姓などという用語が示すように,近世においては,漁村一般を指すことばとして用いられた。この場合,浦百姓とは,地方(じかた)百姓(純農民)に対するものとして,純漁民あるいは半漁半農民を意味し,浦役は,これら浦百姓に対して課せられた賦役あるいは小物成を意味する場合と,浜がかりや浜役と同様に浦(漁村)における漁業の監督者をさす場合とがある。…

※「浦百姓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

浦百姓の関連キーワード大島(東京都)江戸時代制度職人海辺漁民商人

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android