コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦役 うらやく

6件 の用語解説(浦役の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦役
うらやく

江戸時代,漁村に課された雑税小物成 (こものなり) の一種。ほかに漁村,漁業を管理,統制する役職のこともさす。海難事故が起った際には,浦役の指揮で救助が行われることになっていた。浦百姓が浦役の命令に反した場合,漁業権を停止させられるなど,その力は強かった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うら‐やく【浦役】

漁村で浜や漁業を管理する役目。浜役。浜がかり。
江戸時代、漁村民に課せられた賦役(ふえき)・雑税。浜役。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浦役【うらやく】

海民ら浦方の活動に課せられた諸役。室町期,周防(すおう)国の守護(しゅご)大名大内氏の家法である大内家壁書には〈浦役銭〉の賦課がみられる。江戸時代には水主(かこ)役や,漂流船・難破船の救助などの負担を称する例があり,大名領によってさまざまであるものの,後代には代銀納または代米とする場合が増えたようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うらやく【浦役】

江戸時代の漁業年貢のなかで,漁業者に賦課されていたものの一種であるとみられる。実際の漁業年貢はかなり多種多様,複雑であり,各藩間の差異も大きかった。さらに,その具体的基準について把握した業績がないので,その全貌についてはまだ明らかにされていないが,大別するとその課税対象は,(1)漁業者,(2)漁場,(3)漁船・漁具,(4)漁獲物などである。(4)のなかには分一(ぶいち)税も含まれていたが,その他は定額の小物成(こものなり),すなわち雑税であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うらやく【浦役】

漁村で、浦方や漁業を管掌する役目。
江戸時代、漁村に課せられた夫役。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浦役
うらやく

江戸時代あるいはそれ以前から、沿岸の浦方(漁村)に課せられた賦役(ぶやく)または小物成(こものなり)(雑税)の一種。初めは、難破船の救助、幕府荷物の海上運搬など賦役の形で徴収されたが、しだいに米や貨幣で納めるようになった。そうした場合、浦役米、浦役銭(銀)とも称した。浦役を勤める浦は、その見返りとして地先(じさき)漁業権や浦浜利用権が認められていた。
 能登(のと)国鹿島(かしま)郡七尾(ななお)町(石川県七尾市)では、1843年(天保14)の小物成に浦役銀3貫文がみえる。出雲(いずも)国島根郡加賀浦(かかうら)(島根県松江市)では浦役米として玄米7石が賦課されている。紀州(和歌山県)牟婁(むろ)郡の田辺(たなべ)藩領の浦付村々では、公儀荷物の海上輸送を浦役と称して、すべての公儀荷物の海上輸送は浦役の負担であったという。泉州(せんしゅう)泉郡忠岡(ただおか)村(大阪府泉北郡忠岡町)では12匁の浦役銀を漁船に割賦して納めている。また、泉州日根(ひね)郡中庄(なかしょう)村(泉佐野市)の出村である湊(みなと)村は、自村に浦浜がないため、隣村佐野村へ毎年浦役銀220匁を差し出して佐野浦の浜を借り、ここに着船して商売物の灰俵を陸揚げしていた。さらに、日根郡脇浜(わきはま)村(貝塚市)にみられる「浦役高拾壱石七斗四升」、この「浦役銀百目」は、浦方の地先漁業権の代償として「浦役高」「浦役銀」があり、それは浦町数(南北24町53間)を石高に結び、その石高を基準に「浦役銀」が課せられたものである。ここにみられる浦役高は、安房(あわ)、上総(かずさ)、下総(しもうさ)、長門(ながと)などの海高(うみだか)(海石(うみこく)、浦石)と同質のものである。[川鍋定男]
『野村豊著『近世漁村史料の研究』(1956・三省堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浦役の言及

【浦】より

…地形的には湾状になっている海岸を指すことが多いが,浦役,浦百姓などという用語が示すように,近世においては,漁村一般を指すことばとして用いられた。この場合,浦百姓とは,地方(じかた)百姓(純農民)に対するものとして,純漁民あるいは半漁半農民を意味し,浦役は,これら浦百姓に対して課せられた賦役あるいは小物成を意味する場合と,浜がかりや浜役と同様に浦(漁村)における漁業の監督者をさす場合とがある。…

【浦・浜】より

… ところで,例えば讃岐国仁尾浦の鴨社神人漁民が,その神人身分を保ったまま守護大名によって編成されていったように,このような荘園制的体制は中世後期において,その身分的諸関係を維持したまま実質を変容させていく。浦浜の漁民は大名への贄肴の献上,水手(かこ)・軍役への動員などの浦役を課され,大名権力の領国支配に組みこまれていったのである。戦国時代から近世初頭の争乱,とくに豊臣秀吉の朝鮮出兵を契機に全国の漁村に水手役が賦課される中で,この動向は頂点に達する。…

【漁業年貢】より

…村高に結び郷帳に定納が銘記されている小物成(こものなり),あるいは村高に結ばないが郷帳外書に記される(不記入の場合もある)浮役の一種。前者はほとんど山野河海から揚がる収益,後者は魚など収獲浮遊物に対して賦課された貢租で,大きくは夫役的色彩をもつ水主役(かこやく)と農村の田畑貢租に相当する浦役とに分けることができる。これは幕藩制成立期に村方(地方(じかた))との分離によって成立,確定した近世漁村(浦方,および主漁従農の半農半漁村=端浦(はうら))の,地先漁業における封建的漁業権の対価となるものである。…

※「浦役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浦役の関連キーワード網役漁業組合雑漁業山年貢請浦下免塩浜運上漁業者漁業権漁業県の漁業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浦役の関連情報