コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦方(読み)うらかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦方
うらかた

漁業専門の郷村とその住民。本来は海辺の地方の意。従来,漁業と農業を兼ねていた住民も,室町時代以降,商品経済の発達とともに,漁業専門,農業専門に分れるようになった。そして,前者を浦方,後者を在方と呼んで区別するようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

うらかた【浦方】

近世、一般の農民である山方・村方などに対して、漁村・海辺の称。
に住む住民。浦百姓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の浦方の言及

【浦・浜】より

…そこでは,荘園制的な浦の上級領有権が解消し,その下に潜在していた共同体的水面領有が村中総入会の形をとって純粋に現れ,神人・供御人などの特権的漁民身分も特定の場合を除いて消滅した。領国権力に対して水手役を負担するもののみが漁民身分として公認され,水手役を負担する浦浜のみが,浦方・浜方として村方・地方から区別されて漁業権を認定される近世的漁業制度が成立するのである。そしてこれ以降,近世漁業は,浦浜の世界を基盤としながらも,浦方と地方の漁業権相論,沖合漁業への進出,海産物の商品的加工・肥料化など全領国経済にかかわる問題として展開していくこととなる。…

※「浦方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android