浮世小紋(読み)ウキヨコモン

大辞林 第三版の解説

うきよこもん【浮世小紋】

当世風の小紋模様。元禄(1688~1704)頃流行した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うきよ‐こもん【浮世小紋】

〘名〙 元祿期(一六八八‐一七〇四)に流行した型紙小紋染の模様。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)一「近年小ざかしき都人の仕出し、男女の衣類品品の美をつくし、雛形に色をうつし、浮世小紋(ウキヨこモン)の模様」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android