浮島の森(読み)うきしまのもり

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕浮島の森(うきしまのもり)


和歌山県新宮(しんぐう)市中心部の沼沢に浮かぶ小島。増水時には島全体が上昇する。面積5ha。新宮藺沢(いのそ)浮島植物群落として国の天然記念物に指定。島内には寒地性・暖地性の植物が約130種群生し、とくにスギ・ヤマモモが多い。周辺にはガマ・マコモなどの水生植物が自生する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android