コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮苔 ウキゴケ

デジタル大辞泉の解説

うき‐ごけ【浮×苔】

ウキゴケ科の苔類湿地や水中に自生。多数密集し、葉状体は長さ1~5センチ、幅1ミリほどの線形で、二またに分かれ、内部は気室が発達。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うきごけ【浮苔】

苔類ウキゴケ科のコケ植物。水面に浮生し、時に湿地面に広がって生じる。イチョウウキゴケは葉状の体がイチョウの葉状、カヅノウキゴケは葉状の体が細くふたまたに分かれて若い鹿の角の形をしている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

浮苔の関連キーワードイチョウウキゴケウキゴケ葉状

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android