浮遊性有孔虫(読み)ふゆうせいゆうこうちゅう(英語表記)planktonic foraminifera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮遊性有孔虫
ふゆうせいゆうこうちゅう
planktonic foraminifera

海水中に浮遊生活をする有孔虫類海流と水温に規定され,広く分布するので,その死殻は底質に左右されることなく分布する。したがって浮遊性有孔虫群集を調べることによって,それをもつ地層の古水温を知ることも可能である。一方,その組合せから地質時代の詳しい判定も可能で,白亜紀以降の地層では詳しく研究され,汎世界的な対比に役立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふゆうせい‐ゆうこうちゅう〔フイウセイイウコウチユウ〕【浮遊性有孔虫】

プランクトンとして浮遊生活を送る有孔虫の総称。現生では底生有孔虫に比べて少ない。陸からの砂や泥が流れ込まない海底に堆積し、石灰質軟泥となる。また、堆積岩中に微化石として見つかり、太古の海洋環境を知る手がかりとなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android