コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海の国道 ウミノコクドウ

2件 の用語解説(海の国道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うみ‐の‐こくどう〔‐コクダウ〕【海の国道】

海上区間のある国道で、その海上区間を指す通称。多く、フェリーなどの海上交通機関によって結ばれており、海上区間も含め一本の国道として機能していると認められる場合にいう。海上国道。
[補説]例えば、静岡県浜松市和歌山県和歌山市を結ぶ国道42号は、伊良湖港(愛知県田原市)と鳥羽港(三重県鳥羽市)の間が海上区間となり、フェリーで結ばれている。鹿児島県鹿児島市から種子島奄美大島を経て沖縄県那覇市へ至る国道58号は総距離の約7割が海上区間となっている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海の国道

海路区間を経由地に含めて指定されている一般国道の海上部の通称。27路線ある。大半は民間航路で結ばれているが、道路特定財源からの補助はない。鹿児島市から奄美を経由して沖縄に至る国道58号があるが、トカラは経由せず、十島村営フェリーは国道に含まれない。

(2009-01-07 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海の国道の関連情報