コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海人の刈藻 アマノカルモ

デジタル大辞泉の解説

あまのかるも【海人の刈藻】

平安末期から鎌倉初期にかけて成立した物語。4巻。作者不詳。権大納言と藤壺の女御との悲恋を描く。
大田垣蓮月(おおたがきれんげつ)の歌集。明治3年(1870)発表。閑雅な詩境が平明に歌われている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海人の刈藻
あまのかるも

鎌倉後期に改作された物語。4巻。原作は平安末期に成立したらしく、『無名草子(むみょうぞうし)』『風葉和歌集』にその名がみえるが、散佚した。故兵部卿(ひょうぶきょう)の宮の次男三位(さんみ)中将が藤壺(ふじつぼ)の女御(にょうご)(故按察使大納言(あぜちだいなごん)の三の君)に密通し、男君が生まれるが、ふたたび会うこともかなわず、長谷寺(はせでら)での夢想にまかせて出家し、即身成仏するという悲恋遁世譚(とんせいたん)。兄弟姉妹の助け合いや他家との交流など、貴族の生活の広がりのなかで、幾組かの恋愛、結婚を年代記風に描く。[三角洋一]
『宮田和一郎著『校註あまのかるも』(1948・養徳社) ▽伊地知鉄男解題『桂宮本叢書 17 物語3』(1956・養徳社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

海人の刈藻の関連キーワード大田垣蓮月