コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海域公園地区 かいいきこうえんちく

2件 の用語解説(海域公園地区の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海域公園地区
かいいきこうえんちく

海域の景観と生物資源を保護するため国立公園国定公園内に設けられる特別な海域。1962年の第1回世界国立公園会議の勧告をうけ,1970年に自然公園法を改正,海中公園地区として設置。特別保護地区として扱われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海域公園地区

環境省が海域の景観を維持するために指定。海面を埋め立てたり建物を建てたりするのに許可が必要になる。昨年2月、周防大島町南部沿岸の約56ヘクタール瀬戸内海で初めて指定された。ニホンアワサンゴやウミイチゴなどの採集が規制されている。全国の指定は昨年3月末現在で、72地区計1万5829ヘクタールに及ぶ。

(2014-02-21 朝日新聞 朝刊 山東 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海域公園地区の関連キーワード衛生舎費特許料景観地区免許維持路線維持食事寒冷誘導熱産生混米装置生体防御能力地域地区制

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海域公園地区の関連情報