コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底長期連続観測網 かいていちょうきれんぞくかんそくもうLong‐term Oceanfloor Observatory Network

知恵蔵の解説

海底長期連続観測網

海底に地震計、傾斜計、津波計(圧力計の一種)、電位差計、流速計、温度塩分計、深海テレビなどを設置、ケーブルで陸上観測室とつなぎ、海底を長期間連続モニターする施設。ケーブルは沿岸に近い所で新たに光ファイバーケーブルを敷く場合と、使用中止になった商用同軸ケーブルを流用する方法とがある。日本では海洋研究開発機構が1993年に、相模湾西部の初島沖水深1177mの海底生物群集内に全長8kmのケーブルを敷設、伊豆群発地震に伴う泥流の映像をリアルタイムでとらえた。97年からは室戸岬沖や三陸沖にも120kmのケーブルを敷き、水深3500mの海底を観測中。既設の同軸ケーブル利用では、神奈川県二宮‐グアム間のTPC‐1(Trans‐Pacific Cable‐1、全長2700km)、グアム‐沖縄間のTPC‐2(全長2527km)の使用を開始し、今後各所に地震計、津波計、水中マイクロホン(海底火山爆発音を検知)、音響距離計、電位差計などを接続する予定。米国ではハワイ・オアフ島から米大陸西海岸に至る同軸ケーブル(HAW‐2全長3300km)を利用して、地球物理観測ステーションH^2O(Hawaii‐2 Observatory)をマレー断裂帯とモロカイ断裂帯の中間に設置した。

(小林和男 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android