コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電位差計 でんいさけいpotentiometer

翻訳|potentiometer

5件 の用語解説(電位差計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電位差計
でんいさけい
potentiometer

未知の電圧を既知の電圧と比較することにより,きわめて精密に電圧を測定する装置。ポテンシオメータともいう。測定値と標準値を平衡させることで検出器のかたよりをゼロにする方法が用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

電位差計【でんいさけい】

ポテンシオメーターとも。電気回路の任意の2点間の電位差を測定する装置。標準電池と可変抵抗によって得られる既知電位差と,未知電位差とを平衡させて測る。直流用は電圧,電流,抵抗をきわめて精密に測ることができるが,交流用は電圧の実効値と位相角とを測定。
→関連項目電位

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんいさけい【電位差計 potentiometer】

ポテンショメーターともいう。未知電圧と既知電圧を検出器を用いて比較し,零位法によって未知電圧を求める精密測定器。直流用と交流用があるが,交流用は現在作られていない。直流電位差計は電圧測定のほか,電流,抵抗の測定に用いられる。図に原理を示す。回路に一定電流を流し,可変抵抗部の端子電圧(=電流×抵抗)と未知電圧を比較するもので,一定電流を得るため標準電池を用いる。この場合平衡のための検出器は切り換えて使用する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電位差計
でんいさけい

既知の標準電圧と未知の電圧や起電力を平衡させて電圧や起電力の値を測定する、いわゆる零位法を利用した装置。測ろうとする電圧や起電力から電流をとらない状態で測定できるのが特長で、平衡は高感度の検流計で検出する。[高尾利治]

直流電位差計

標準電池の起電力で校正した電位差と、測ろうとする測定電圧とを比較して測定するもの。現在は、標準電池のかわりに、十分な精確度を有する直流電源が用いられている。測定の精度は標準電圧の精確度と検流計の感度とに関係し、測定値は6桁(けた)まで得られる。電圧計の「目盛り定め」あるいは校正の標準測定器として広く用いられている。[高尾利治]

原理

細かい目盛りをつけたすべり抵抗線ABに電流(電位差計電流i)を流す。次に、そのときの室温における標準電池の起電力Esの値と等しい目盛りのところへ、検流計Gを直列にして接続する(C点)。初めは抵抗線の電圧と標準電池の起電力とに差があるので、検流計がいわゆる「振れ」を生ずるが、電位差計電流抵抗Rを調整して、振れをゼロにすると、抵抗線上の目盛りが電圧の正しい目盛りになる。次にKをEx側に切り換え、標準電池と未知電圧Exを入れ換え、ふたたび検流計の振れがゼロになるように、今度はすべり抵抗線上の接続点C点を移動させる。振れがゼロになった点の目盛りが未知電圧の値である。電池Ebは、測定に際し起電力の値が一定不変であることがたいせつである。最大測定電圧は普通2ボルト以下で、それ以上の値の場合は分圧箱を用いる。現在は、すべり線抵抗器や電池Ebの回路を設けず、直接未知電圧Exと可変標準電圧発生器の起電力Esとを、検流計を介して平衡させて測定する方法や、高精度のデジタルマルチメーターで直接、未知電圧を測定する方法などが用いられている。[高尾利治]

交流電位差計

交流の場合、標準と未知の二つの電圧の振幅、周波数、位相、および波形の四つが一致しないと完全な平衡がとれない。このため、直流の場合に比べて感度も低く、構造および操作が複雑なので、現在ではほとんど用いられない。[高尾利治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone