コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底電信線の保護に関する条約 かいていでんしんせんのほごにかんするじょうやくInternational Convention for the Protection of Submarine Telegraph Cables

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海底電信線の保護に関する条約
かいていでんしんせんのほごにかんするじょうやく
International Convention for the Protection of Submarine Telegraph Cables

公海に敷設された海底電信線を保護するために,1884年3月 14日にパリで署名され,88年5月1日に効力を生じた条約。日本も加入。公海自由の原則に基づき海底電線の敷設は自由であるが,この条約では,海底電信線の損壊に関して旗国主義による刑事・民事の責任と注意義務を定めている。 1958年の公海に関する条約では,この原則が電話線,電力線,パイプラインにも拡大された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

海底電信線の保護に関する条約の関連キーワード海底ケーブル通信

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android