コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底電信線の保護に関する条約 かいていでんしんせんのほごにかんするじょうやくInternational Convention for the Protection of Submarine Telegraph Cables

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海底電信線の保護に関する条約
かいていでんしんせんのほごにかんするじょうやく
International Convention for the Protection of Submarine Telegraph Cables

公海に敷設された海底電信線を保護するために,1884年3月 14日にパリで署名され,88年5月1日に効力を生じた条約。日本も加入。公海自由の原則に基づき海底電線の敷設は自由であるが,この条約では,海底電信線の損壊に関して旗国主義による刑事・民事の責任と注意義務を定めている。 1958年の公海に関する条約では,この原則が電話線,電力線,パイプラインにも拡大された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

海底電信線の保護に関する条約の関連キーワード海底ケーブル通信

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android