コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海恵 かいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海恵 かいえ

1172-1207 鎌倉時代の僧。
承安(じょうあん)2年生まれ。澄憲(ちようけん)の子。守覚法親王に法をうけ,仁和(にんな)寺の理智院をつぐ。元久2年藤原定家の母の供養に導師をつとめた。のち権僧都(ごんのそうず)。祖父藤原通憲(みちのり)の秀句名文集「筆海要津(ひつかいようしん)」や「海草集」などの編著がある。建永2年9月16日死去。36歳。号は功徳院。通称は大円房僧都。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

海恵の関連キーワード八条院高倉鎌倉時代大休慧昉漢文学承安恵湛

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海恵の関連情報