海恵(読み)かいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海恵 かいえ

1172-1207 鎌倉時代の僧。
承安(じょうあん)2年生まれ。澄憲(ちようけん)の子。守覚法親王に法をうけ,仁和(にんな)寺の理智院をつぐ。元久2年藤原定家の母の供養に導師をつとめた。のち権僧都(ごんのそうず)。祖父藤原通憲(みちのり)の秀句名文集「筆海要津(ひつかいようしん)」や「海草集」などの編著がある。建永2年9月16日死去。36歳。号は功徳院。通称は大円房僧都。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海恵の関連情報