コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澄憲 ちょうけん

8件 の用語解説(澄憲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

澄憲
ちょうけん

[生]大治1(1126)
[没]建仁3(1203).8.6. 京都
鎌倉時代初期の僧。藤原通憲 (信西) の子で,出家して延暦寺の僧となった。平治の乱に下野国に流されたが,のちに承安4 (1174) 年に雨ごいを行なって大僧都に任じられた。明雲から天台の秘法である一心三観の血脈を授けられ,後年安居院 (あぐい) に退去して説法をもって道俗を教化。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうけん【澄憲】

[1126~1203]平安末期から鎌倉前期にかけての天台宗の僧。藤原通憲の子。法印・大僧都。平治の乱で下野に流されたが、晩年京都の安居院(あぐい)に住み唱導(説法)で布教、安居院流唱導の祖とされる。編著に「言泉集」「釈門秘鑰」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

澄憲【ちょうけん】

平安末期から鎌倉初期の天台宗の僧で,説法の名手として知られ,安居院流唱導の祖。少納言入道信西(藤原通憲)の七男。平治の乱に連座して下野国に流されたが,帰京後1179年には,祈雨の表白(ひょうびゃく)を読んで効験著しかった(《源平盛衰記》第3巻ほか)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

澄憲 ちょうけん

1126-1203 平安後期-鎌倉時代の僧。
大治(だいじ)元年生まれ。藤原通憲(みちのり)の子。天台宗。比叡(ひえい)山でまなぶ。平治(へいじ)の乱で下野(しもつけ)(栃木県)へ流される。承安(じょうあん)4年祈雨の功で権(ごんの)大僧都,のち法印。京都の安居院(あぐい)にすみ,唱導(説法)で教化につとめた。安居院流唱導の祖。建仁(けんにん)3年8月6日死去。78歳。通称は安居院法印。著作に「言泉集」「澄憲作文集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

澄憲

没年:建仁3.8.6(1203.9.12)
生年:大治1(1126)
平安末・鎌倉初期の天台宗の僧。安居院法印と号される。唱導の大家。父は政治家でかつ博学多才な藤原通憲。母は高階重仲の娘。檀那流珍兼の法門を受け東塔北谷竹林院に住み,後年,里房である京の安居院に住む。平治の乱(1159)に下野国に流されるがまもなく許され,宮中の最勝講や,後白河法皇を始め道俗に請われて多くの仏事に導師・講師として活躍する。『玉葉』に「説法優美」「説法珍重」,『尊卑分脈』に「四海大唱導一天名人也」と賞賛されるように,弁舌に長け,唱導を事とする。なかでも承安4(1174)年の最勝講における祈雨表白の功は,『源平盛衰記』『古事談』など諸書にみえて名高い。また『平家物語』長門本などには,南都炎上に際し「法滅の記」を著したとある。唱導は安居院流として子の聖覚に継がれる。著作は浄土教方面の仏典の注釈が多いが,唱導関係は『澄憲作文集』『澄憲表白集』『言泉集』などに収められている。<参考文献>『山岸徳平著作集』1巻

(今村みゑ子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうけん【澄憲】

?‐1203(建仁3)
平安末~鎌倉初期の天台宗の僧。少納言入道信西(しんぜい)の子。比叡山で天台宗を学ぶ。平治の乱でいったん下野国に配流,のち法印・大僧都となる。1177年(治承1)天台座主明雲(みよううん)の伊豆配流に随伴し,一心三観の血脈を受ける。のち京都安居院(あぐい)に住して唱導につとめ〈四海大唱導一天名人也〉とうたわれた。1203年8月6日没。子聖覚・孫隆承らがあとをつぎ,澄憲は安居院流唱導の祖とされる。【飯田 悠紀子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうけん【澄憲】

1126~1203) 平安末・鎌倉前期の天台宗の僧。藤原通憲の子。京の安居院にあって、唱導に努めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

澄憲
ちょうけん
(1126?―1203)

平安末・鎌倉初期の天台宗唱導の祖として著名で、安居院(あぐい)流を開いた。藤原通憲(みちのり)(信西(しんぜい)入道)の七男で母は高階重仲(たかしなしげなか)の女(むすめ)。出家後比叡山(ひえいざん)に登り天台学を修めた。1183年(寿永2)法印となったが、京都の一条の安居院(あんごいん)に住み、妻帯し、説経をもって教化にあたった。優れた弁舌家であったことが『玉葉(ぎょくよう)』など諸書にみえる。唱導関係の著作に『澄憲作文(さくもん)集』『澄憲表白(ひょうびゃく)集』などがあり、仏典の注釈も多い。その伝流は子の聖覚(しょうがく)、孫の隆承へと相承された。[新間進一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の澄憲の言及

【安居院】より

…もと比叡山竹林院の里坊。その開基澄憲を始祖とする説経師が根拠地としたので,この系統の説経を安居院流という。澄憲は比叡山で檀那流の天台教学を修め,学識と弁舌の才で知られ,大僧都,法印に叙せられたが安居院に退去し,華麗な表現の表白諷誦文(ひようびやくふじゆもん)と機知に富んだ譬喩因縁譚(ひゆいんねんたん)を中心とした説経で人々の教化にあたり名声を博した。…

【唱導】より

…唱導の名手とつたえられる慶意は〈先泣の誉〉があったというので,唱導の名手はみずからも泣き聴衆も泣かせたことをあらわしている。唱導が注目をあつめるのは,平安末期から鎌倉初期にかけて名手澄憲(ちようけん)法印が活動したためで,その子孫は安居院(あぐい)流という唱導の一派をなした。これは澄憲とその長子聖覚(せいかく)がその父祖藤原通憲(みちのり)(信西)の血統をうけて学者であり,演説の天才だったことによる。…

【節談説教】より

…ことばに(ふし)(抑揚)をつけ,洗練された美声とジェスチャー(身ぶり)をもって演技的表出をとりながら聴衆の感覚に訴える詩的・劇的な情念の説教である。仏教伝来のときから行われたと推定されるが,天台宗の澄憲(ちようけん)(?‐1203)・聖覚(しようがく)(1167‐1235)父子が樹立した安居院(あぐい)流(安居院)と寛元(1243‐47)のころ定円が創始した三井寺(みいでら)派のことが《元亨(げんこう)釈書》に見える。安居院流は浄土宗と真宗に入り,とくに真宗で節談説教が興隆した。…

※「澄憲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

澄憲の関連キーワード林順亮百如慈芳普門円通孝暢聖覚安居院大谷の石仏安居院法印安居院浄俊澄俊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

澄憲の関連情報