コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金北山 きんぽくさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金北山
きんぽくさん

新潟県西部,佐渡島西部,大佐渡山地にある佐渡島最高点の山。標高 1172m。新第三紀凝灰岩頁岩火山岩が主体で,上部は安山岩。眺望雄大で,全島をはじめ新潟平野が望まれる。山上には佐渡国の総鎮守の金北山神社があり,かつて「初御山」の習慣があった。佐渡鉱山開発後は江戸幕府の尊崇もあつく,社殿の改築も奉行所によって行なわれた。山腹の平坦地ではウシ,ウマの放牧が行なわれ,山上にはシャクナゲが群生する。佐渡弥彦米山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きんぽく‐さん【金北山】

新潟県、佐渡島の西部にある最高峰。標高1172メートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

金北山【きんぽくさん】

新潟県佐渡島の最高峰。標高1172m。大佐渡山地主峰で,第三紀の凝灰岩,ケツ岩,噴出岩からなり,上部には安山岩がある。《義経記》にみえる白山の獄にあたるとされ,中世より修験(しゅげん)の活動があったという。
→関連項目金井[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんぽくさん【金北山】

新潟県佐渡島中北部,大佐渡山地の主峰で佐渡の最高峰。標高1172m。山体は新第三紀火砕岩類,紫蘇輝石安山岩からなる。山頂付近にシャクナゲの群落がある。頂上に金北山神社(祭神は大毘古命(おおひこのみこと),軻遇突智命(かぐつちのみこと))が鎮座し,島の男子は7歳になると,初山と称して父兄に伴われて登山し,シャクナゲの枝を持ち帰るならわしがあった。第2次大戦後,アメリカ軍のレーダー基地が山頂に設けられ,現在は航空自衛隊が管理している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きんぽくさん【金北山】

新潟県、佐渡島の中北部にある山。海抜1172メートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕金北山(きんぽくさん)


新潟県佐渡(さどが)島の北部、大佐渡(おおさど)山地の中央部にそびえる主峰。標高1172mで、佐渡島の最高峰でもある。頂上に金北山神社本社があり、霊山として尊崇された。山頂には自衛隊レーダー基地がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金北山
きんぽくさん

新潟県佐渡島(さどがしま)(佐渡市)の大佐渡山地の主峰。標高1172メートル。山体は第三紀中新世の石英安山岩類からなり、壮年期的侵食を受けて雄大にそびえている。古くから島民の信仰の霊山で、頂上には金北山神社、自衛隊のレーダー基地がある。登山口は南麓(なんろく)の北新保(きたしんぼ)からで、白雲(はくうん)台―妙見(みょうけん)山―金北山の登山コースがある。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金北山の関連キーワード天領盃佐和田

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金北山の関連情報