コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海東通宝 かいとうつうほう

1件 の用語解説(海東通宝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいとうつうほう【海東通宝】

朝鮮,高麗時代の銅銭。朝鮮における最初の鋳造貨幣は996年の乾元重宝とされるが,そののち10世紀末にいたり,政府は鋳銭官を設けて銀貨を発行するとともに,海東通宝1500貫を鋳造,官人らに分配して流通を図った。円形で,中央に正方形の穴があり,上下左右に海東通宝の4文字が刻まれている。海東とは朝鮮を意味する。これに前後して三韓通宝三国通宝など数種の鉄銭・銅銭が発行されたが,全国的な普及をみるには至らなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone