海東通宝(読み)かいとうつうほう

世界大百科事典 第2版の解説

かいとうつうほう【海東通宝】

朝鮮,高麗時代の銅銭朝鮮における最初鋳造貨幣は996年の乾元重宝とされるが,そののち10世紀末にいたり,政府は鋳銭官を設けて銀貨を発行するとともに,海東通宝1500貫を鋳造,官人らに分配して流通を図った。円形で,中央に正方形があり,上下左右に海東通宝の4文字が刻まれている。海東とは朝鮮を意味する。これに前後して三韓通宝・三国通宝など数種の鉄銭・銅銭が発行されたが,全国的な普及をみるには至らなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android