コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海東通宝 かいとうつうほう

1件 の用語解説(海東通宝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいとうつうほう【海東通宝】

朝鮮,高麗時代の銅銭。朝鮮における最初の鋳造貨幣は996年の乾元重宝とされるが,そののち10世紀末にいたり,政府は鋳銭官を設けて銀貨を発行するとともに,海東通宝1500貫を鋳造,官人らに分配して流通を図った。円形で,中央に正方形の穴があり,上下左右に海東通宝の4文字が刻まれている。海東とは朝鮮を意味する。これに前後して三韓通宝三国通宝など数種の鉄銭・銅銭が発行されたが,全国的な普及をみるには至らなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海東通宝の関連キーワード高麗高麗青磁三国史記声母檀君両班高麗焼古朝鮮古銅梶村秀樹

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone