コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海松橿媛 みるかしひめ

1件 の用語解説(海松橿媛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海松橿媛 みるかしひめ

古代伝承上の豪族。
肥前国風土記」によれば,肥前松浦郡賀周里(かすのさと)(佐賀県)の首長。大和朝廷に服従せず,景行天皇の国巡りのときに天皇の従者の大屋田子に討ちほろぼされた。そのとき四方を霞(かすみ)がつつんだため,この地は霞の里,転じて賀周里と名づけられたという。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone