コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海松色 みるいろ

色名がわかる辞典の解説

みるいろ【海松色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗いみの黄緑」としている。一般に、海草類ミル科ミルのような、くすんだ濃い黄緑のこと。ミルは干潮線以下の岩の上に群生し食用となる。『万葉集』に詠まれるほど古くから知られており、平安時代のかさね色目いろめでは表が萌黄もえぎ、裏はなど。鎌倉時代ごろから色名となったとされる。江戸時代には茶色がかった海松色の着物が流行した。うぐいすを濃くしたようなイメージで、現代でも衣料品や日用雑貨類などに用いられる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

海松色の関連キーワード江戸時代平安時代海松色名

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android