萌葱/萌黄(読み)モエギ

デジタル大辞泉の解説

もえ‐ぎ【××葱/×萌黄】

《葱(ねぎ)の萌え出る色の意》
黄と青の中間色。もえぎいろ。もよぎ。
襲(かさね)の色目の名。表裏ともに1の色のもの。また、表は薄青、裏は縹(はなだ)色ともいう。
[補説]1で、類似した二つの色を指すことがある。明るい緑色は「萌黄」、濃い緑色は「萌葱」と書き分けることが多い。

もよ‐ぎ【××葱/×萌黄】

もえぎ」の音変化。
「君が春蚊屋は―に極りぬ/越人」〈去来抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android