コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萌葱/萌黄 モエギ

2件 の用語解説(萌葱/萌黄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もえ‐ぎ【××葱/×萌黄】

《葱(ねぎ)の萌え出る色の意》
黄と青の中間色。もえぎいろ。もよぎ。
襲(かさね)の色目の名。表裏ともに1の色のもの。また、表は薄青、裏は縹(はなだ)色ともいう。
[補説]1で、類似した二つの色を指すことがある。明るい緑色は「萌黄」、濃い緑色は「萌葱」と書き分けることが多い。

もよ‐ぎ【××葱/×萌黄】

もえぎ」の音変化。
「君が春蚊屋は―に極りぬ/越人」〈去来抄

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone