萌葱/萌黄(読み)モエギ

デジタル大辞泉の解説

もえ‐ぎ【××葱/×萌黄】

《葱(ねぎ)のえ出る色の意》
黄と青の中間色。もえぎいろ。もよぎ。
襲(かさね)の色目の名。表裏ともに1の色のもの。また、表は薄青、裏は縹(はなだ)色ともいう。
[補説]1で、類似した二つの色を指すことがある。明るい緑色は「萌黄」、濃い緑色は「萌葱」と書き分けることが多い。

もよ‐ぎ【××葱/×萌黄】

もえぎ」の音変化。
「君が春蚊屋は―に極りぬ/越人」〈去来抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android