コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萌葱/萌黄 モエギ

デジタル大辞泉の解説

もえ‐ぎ【××葱/×萌黄】

《葱(ねぎ)のえ出る色の意》
黄と青の中間色。もえぎいろ。もよぎ。
襲(かさね)の色目の名。表裏ともに1の色のもの。また、表は薄青、裏は縹(はなだ)色ともいう。
[補説]1で、類似した二つの色を指すことがある。明るい緑色は「萌黄」、濃い緑色は「萌葱」と書き分けることが多い。

もよ‐ぎ【××葱/×萌黄】

もえぎ」の音変化。
「君が春蚊屋は―に極りぬ/越人」〈去来抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

萌葱/萌黄の関連キーワード津軽塗紋紗 萌葱西川甚五郎(1)梶・構・楮・榖五人の執事卯の花色四色啄木紫苑色木賊色裏山吹丹後縞加賀蓑青朽葉女郎花金襴手玉虫織行成紙菖蒲襲沢瀉威萌葱匂蜥蜴色

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android