コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木賊/砥草 トクサ

デジタル大辞泉の解説

と‐くさ【木賊/×砥草】

トクサ科の常緑、多年生のシダ。山間の川辺などに生え、高さ0.6~1メートル。地下茎は横にはう。地上茎は直立し、枝分かれせず、節部に黒い鞘(さや)状の葉をもつ。夏、茎の頂に短い楕円状の胞子嚢(ほうしのう)の穂をつける。茎に多量の珪酸(けいさん)を含むので硬くざらついており、物を磨くのに使用。観賞用にもする。 秋》「谷水を踏まへて刈りし―かな/虚子

とくさ【木賊】[謡曲]

謡曲。四番目物世阿弥作と伝える。都の僧が、を尋ねたいという少年松若を連れてその故郷信濃へ下り、木賊を刈っている老いた父を見つける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とくさ【木賊】

能の一。四番目物。世阿弥作か。木賊刈りの老翁が、行方知れずの子供松若を思って惑乱の月日を送るが、ある日、旅僧に伴われた松若と巡り会う。

もくぞく【木賊】

植物トクサの漢名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木賊
とくさ

能の曲目。四番目物。五流現行曲。ただし金春(こんぱる)流は昭和の復曲。世阿弥(ぜあみ)作ともいわれる。都の僧(ワキ、ワキツレ)が少年松若(子方)を伴い、木曽路(きそじ)を経て信濃(しなの)国園原(そのはら)山に着く。老翁(シテ)を中心として草刈りの一行(ツレ数人)が登場、木賊を刈る。僧は老翁にことばをかけ、名所の名草として和歌の題材ともなっている木賊について聞き、これも歌道で幻の木とされる箒木(はわきぎ)について説明される。僧たちをわが家へ案内した老翁は、一人の子供の行方不明を嘆き、酒を勧めつつ、わが子の残した舞の衣装を身に着けて、酔い泣きしつつ思い出の舞を舞う。子を思い子を恨む狂乱に、僧は伴った松若を引き合わせ、父子の再会で終わる。ストーリーに無理があるものの、異色の難曲として重く扱われる能である。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

木賊 (トクサ)

学名:Equisetum hyemale
植物。トクサ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android