コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋自由 カイヨウジユウ

デジタル大辞泉の解説

かいよう‐じゆう〔カイヤウジイウ〕【海洋自由】

海洋全般にわたって、いずれの国の船舶も自由に航行できるとする説。17世紀初頭オランダのグロティウスが主張。領海を除いた公海の自由を認める考え方として定着している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいようじゆう【海洋自由】

航行・通商のため海洋はいずれの国の管轄下にも置かず、自由に利用できるべきであるとする説。一七世紀グロティウスが提唱。のち公海の自由の原則のもととなる。 → 公海

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

海洋自由の関連キーワード200カイリ時代海洋閉鎖論セルデン国際漁業漁業

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android