海浦篤弥(読み)うみうら あつや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海浦篤弥 うみうら-あつや

1869-1924 明治-大正時代の大陸浪人。
明治2年1月生まれ。23年朝鮮にわたり,27年東学党の全琫準(チヨン-ボンジユン)と会見し再起をうながす。31年漢城に日本商品の陳列所をひらいた。大正13年8月1日死去。56歳。陸奥(むつ)津軽郡(青森県)出身。英吉利(イギリス)法律学校(現中央大)中退。名は「とくや」ともよむ。著作に「初斎遺稿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android