コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全琫準 ぜんほうじゅんChŏn Pongjun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全琫準
ぜんほうじゅん
Chŏn Pongjun

[生]哲宗5 (1854)
[没]高宗32 (1895).漢城府
朝鮮,朝鮮王朝(李朝)末期の甲午農民戦争東学党の乱)の指導者。全羅北道井邑郡古阜面出身。字は明叔。別名は彔豆将軍。吏属出身で書堂の教師を業としたが,東学の下級幹部である古阜地方の接主になった。高宗31(1894)年2月古阜郡の農民を率い蜂起したことから,全羅道各地で農民軍が決起した。同年 5月孫和中,金開南と提携して,輔国安民,除暴救民,逐滅倭洋のスローガンを発表した。5月31日には全州城を占領。6月に政府と全州和約を結んだのち淳昌に本拠を置き,全羅右道を統轄した。同年 7月末に日清戦争が始まり,圧倒的な日本軍と政府軍に敗退。11月同志金敬天の密告で逮捕され,翌年 3月漢城府(現ソウル)で死刑にされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

全琫準 チョン-ボンジュン

1856*-1895 朝鮮王朝の農民軍指導者。
哲宗6年12月3日生まれ。1894年甲午(こうご)の年,東学党の幹部として農民の困窮をすくうため決起し(甲午農民戦争),全羅道の道都全州を占領し,政府軍と全州和約をむすぶ。鎮圧のため日清(にっしん)両国が出兵すると,再度決起するが密告により日本軍に捕らえられ,高宗32年3月29日(1895年4月23日)処刑された。41歳。全羅道出身。字(あざな)は明淑。愛称は緑豆将軍

全琫準 ぜん-ほうじゅん

チョン-ボンジュン

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんほうじゅん【全琫準 Chŏn Pong‐jun】

1855‐95
李朝末期の朝鮮南部で起こった甲午農民戦争の指導者。全羅北道の泰仁で生まれ,古阜に移った。わずかな土地を耕しながら農村子弟の教学に従事していたといわれる。1893年,農民を率いて郡守の暴政に抗議したがいれられず,翌94年2月,郡庁を襲撃した。5月には各地の農民に呼びかけて決起し,農民軍の総大将に推された。彼は東学の地方幹部の地位にあったが,〈地上天国〉の実現という教理を実践的に解釈して蜂起の理念にまで高め,東学の組織を媒体とすることによって反乱の地域的拡大に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんほうじゅん【全琫準】

チョンボンジュン【全琫準】

1854~1895) 朝鮮、甲午農民戦争の指導者。東学の全羅北道の地方幹部として、1894年2月、日本の侵略に反対する甲午農民戦争を指導し、10月の第二次農民戦争でも農民軍を指揮して戦ったが、捕らわれて死刑に処せられた。ぜんほうじゅん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の全琫準の言及

【甲午農民戦争】より

…圧政に苦しむ農民の間に広まった東学は,1890年代に入ると活動を公然化するようになった。こうした情勢のもとで,94年2月,全羅道古阜の農民は,規定外の税をとるなど暴政を行った郡守趙秉甲(ちようへいこう)に抗議し,全琫準を指導者として郡庁を襲撃した。彼らはいったん解散したが,政府が参加農民への厳しい弾圧策をとったため,東学組織を通じて各地の農民に檄をとばし,決起を呼びかけた。…

※「全琫準」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

全琫準の関連キーワード海浦 篤弥安 度昡海浦篤弥朝鮮王朝崔時亨天佑俠

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android