コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海部ハナ かいふ ハナ

1件 の用語解説(海部ハナの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海部ハナ かいふ-ハナ

1831-1919 幕末-大正時代の染織家。
天保(てんぽう)2年8月11日生まれ。雨にぬれた織物がかわいた際に生じた縮みにヒントをえて,慶応2年阿波(あわ)しじら織を創案。しじら織は安部重兵衛らの宣伝と販売により有力な地場産業に発展した。大正8年6月30日死去。89歳。阿波(徳島県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の海部ハナの言及

【阿波しじら】より

…昔は糸が全般に太かったせいもあり,地糸は6本,タタエ糸は2本引揃え2組が順次配列され,組織されていたようだが,現在は地糸6本,タタエ糸3本引揃え2組の配列による繰返しが通例となっている。阿波しじらは江戸時代末に安宅村(現,徳島市内)の海部ハナが雨に濡れてできた縮みじわからヒントを得て,くふう,改良を重ねて作りだしたと伝える。ハナの開発したこの織物は太物(ふともの)問屋安部重兵衛によって,〈タタエ縞〉と名づけられて販売された。…

※「海部ハナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海部ハナの関連キーワード黒田直養耕山(2代)甲田栄佑高田義男土屋佐吉松村鬼史宮平初子森山トヨノ山辺知行大正時代美術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone